医師と臨床工学士

病院や医療機関では医師が単独で病気やケガを負った患者さんを診ているわけではなく、医師を中心に様々なコメディカルたちが病気やケガの回復に必要な養生を専門的にサポートをしています。また近年は様々な医療専門職がお互いの領域を尊重し、対等に連携し、患者さんを中心とした医療を実現していこうとするチーム医療の考え方が医療に強く反映されるようになりました。各領域のスペシャリスト性、プロフェッショナル性を求める傾向も強く、コメディカルたちがより専門性を持って活躍しています。

医療の現場では精密で高度に開発された多くの医療機器が医療を支え、時には患者さんの生命や健康をサポートしています。臨床工学技士とは、医療機器の管理と操作を通して患者さんの生命を支える高度な医療エンジニアなのです。臨床工学技士は、医師の指示に従い、生命を維持・管理する医療機器や医療装置を患者さんの体に装着したり取り外したり、操作して治療の補助を行うとともに、医療機器が安全に使用できるよう保守・点検することを主な仕事としています。

日進月歩で技術開発が進む医療機器・装置・設備の領域は複雑かつ専門的な知識を要し、操作技術も深い理解と知識をベースにしたスキルを要します。現代医療に医療機器が欠かすことのできない今日、臨床工学技士は医療を支えるために不可欠な医療機器のスペシャリストと言えるでしょう。

臨床工学技士が取扱う医療機器には、心臓手術の際に患者さんの心臓と肺の機能を代替する人工心肺装置、慢性腎不全を抱える患者さんに不可欠な人工透析装置、ICUなどで患者さんの呼吸を補助する人工呼吸器、心臓のリズムを整えるペースメーカーなど生命の維持に直結し、重要臓器の臓器の代替を担う装置ばかりです。

臨床工学技士は患者さんの生死を左右する装置操作が仕事であるため、人間の生命に対する尊厳、モラル、倫理観が最も必要とされます。患者さんの生命を尊重し、複雑且つ精密な機器にトラブルが生じた際には迅速冷静に対処できる能力も求められます。また、医療機器は日々新しいもの、より良いものが開発される世界であるため、常に最新情報を入手し勉強し続けることが必要です。

臨床工学技士は医師・看護師と共にチーム医療の一員として不可欠な存在であるとともに、海外には臨床工学技士に相当する国家資格はアメリカを除いて存在しないとされています。国際化が進む中、そのスペシャリスト性を活かしてグローバルに活躍の場を展開できる可能性があるかもしれません。

Copyright (C) 2007-2014 医師と臨床工学士. All Rights Reserved.